いろいろな個所にピアスはできますが、初めてピアスを行なうなら、最初は左右の耳たぶが安心です。事実クリニックや病院の先生も無難な耳たぶを勧めてくるはずです。お腹や目の上、過激な例ではべろに開ける人も居ますが、まずは慣れるまで耳たぶでやめておいてください。その他の場所なら、ピアスの装着に慣れてからで問題ないです。
自分でピアスの穴を開けるツール、ピアッサーを使用してホールを作ってしまう若者が居るのですが、可能な限り医師の下へ行くといいです。まれに熱した画びょうで耳たぶにホールを開ける人も存在しますが、本当に危ないです。何度も言います。ピアスの穴を作りたいなら、可能な限り病院やクリニックの内科医にやってもらった方がいいです。
今後初めてのピアス孔を開けようと思っている方は、できれば自力で行うのはストップしましょう。まち針やピアッサーなどを使うにしろ、個人で揃えられる環境では完璧な滅菌処理ができないはずだからです。処理しきれない菌によっておそろしい病気を引き起こす可能性が考えられます。ですので、医療機関で行なっていただくのが最も安全です。

両耳にピアスの穴を開けた人であっても、最初は穴が小さいために、場合によってはそのホールを広げる必要があるかもしれません。その広げる作業を拡張と言いますが、拡張はいろいろな方法があります。自分では不安ならピアスの穴を開けた病院に話してみるといいです。拡張の作業には痛みが伴いますので、できる限り慎重になって行ってください。
自分でピアスの穴を開ける人の中にはまれに、画びょうや熱した安全ピンを利用して無理やり刺し貫いてしまう人も存在していますが、絶対にやめてください。とても危ないです。市販品のピアッサーというピアス開け専用の器具を購入してきて、慎重にホールを作ってください。価格も1,000円前後なので手が出ないほど高くはないです。
ピアスの穴を入れたのに、しばらくピアスを付けていない間にピアス孔がふさがってしまうことってあると思います。人に備わった自己治癒能力により、そんな状況になるようです。ですから一度ピアスの穴を開けた方は、閉じないように継続的にピアスを利用し続けることが大切になってくるようです。

さまざまなアレルギーが存在していますが、金属に対するアレルギーを持つ人がピアスを付けると、耳が荒れてしまいます。金属アレルギーを自分が持つと知らないでいた人が、自己流で安全ピンなどを使用して耳たぶにピアスのホールを作ってしまった場合、極めて危機的な状態が考えられます。ピアスは前もって内科医に相談した上で検討をすると安心です。
自分の家でピアスのホールを消毒する方法は別に難解ではないです。市販の消毒用の薬を手に入れるか病院で処方してもらい、その液体を綿棒やティッシュで根気よく毎日2回、ホールに添付してください。表だけではありません。耳たぶの裏にも綿棒で市販の消毒液をしっかりと当てましょう。特にお風呂上りが効きやすいので忘れずに頑張ってください。