ピアスの大きさについてでありますが、これは普通G(ゲージ)といった値で表しているみたいです。市販のピアスでみれば、一番小さい20Gの品が0.8mmの太さになっています。これと18Gのものが、基本的なピアスの大きさということで浸透しているそうです。Gが下がるほど、太さはアップしていくようです。
さまざまなデザインの商品がリリースされているピアスです。ドレスなどにしっくりとくるピアスや、カジュアルな服にぴったりとくるピアスなど、衣服や場所にふさわしいピアスが各種出ているので、その場の雰囲気に合わせる感じで選ぶとおしゃれです。髪型とも相性があるため、基本的な規則を身に付けるといいです。
耳以外に利用するピアスは、カテゴリー的にボディーピアスという名称が付いています。そして、ピアスホールを入れる部分にも個々に名称が与えられているのです。例えば頬の肉に処置するのは「チーク」、鼻の間に穴を開けて通すのは「ナサラング」などといったような感じです。マニアの方は、体中さまざまな箇所に取り付けていると聞きます。

大多数の面接官はピアスを昔ほど気にはしないので、深刻に考えなくても大丈夫かもしれませんが、どうしてもホールが気になるなら、何かの対策をしておいた方がいいかもしれません。とりわけ就職活動終盤で高齢者の会社役員と面接する場合は、気を付けてください。肌色のクリームをピアスホールにすり込んで目立たなくするといいかもしれません。
いろいろな意味があるピアスです。個数が大きな意味を持ってくる場合もあると言われています。男性が耳にだけピアスを付けていると、右の場合は同性愛者を意味してしまうようです。女性のときは、左の耳に1つだと、レズビアンを意味してしまうようです。言うまでもなく絶対的なルールではないのですが、参考までに覚えておくと余計なトラブルを避けられます。
本来耳たぶの大きさは、財運を暗示すると考えられています。耳たぶの巨大な人は福耳と一般的に言われているのですが、その福耳を象徴する大きな耳たぶにホールを開けるピアスは、金運を落としてしまうと言われているのです。しかしながら、実際は一部の占い師の意見なので、気にしないならば、思い切って楽しんでも問題ありません。

女の人の場合には別に何もないと言えますが、男の人でピアスを開けていると、多少軽率な人間だと見られてしまう危険性がどうしてもあります。そのせいもあり就職面接ではピアスのホールを何とかしようとする男性が多いです。近年の面接官はそれほど気にしないのですが、なんだかんだで不安な人は前もってピアスを中止してホールを元通りにしておきましょう。
ピアス製品がここ日本国内で一般的に使用されるように変わったのは、1930年頃からと言われております。ですが、実を言うと古墳時代の出土品などから、当時の日本人たちがピアスを用いていたといった実情が解明されています。そのときから長い年月ピアス文化は途絶えたのでありますが、現代になって再び流行したのです。